キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 日本の三大うちわ : うちわポイントガイド

日本の三大うちわ

うちわポイントガイド

日本三大うちわに京うちわ、房州うちわ、丸亀うちわがあります。

日本の三大うちわ

販促ツールとしてうちわを使用する前に、日本において、伝統のあるうちわをちょっとマメ知識的に知っておきたいところです。

その中でも日本には3つの有名なうちわがあります。

京都の京うちわ、千葉、房州の房州うちわ、香川県丸亀市の丸亀うちわです。

京うちわ京うちわの歴史は南北朝時代に遡ります。

倭寇によって西日本にもたらされた朝鮮うちわが紀州から大和を経て京都の貴族達の別荘地であった深草に伝わったのが始まりと言われています。

その形の特徴は中骨と一体ではなく、木製の柄が後から取り付けられるようになっているものです。

房州うちわ明治23年、那古に住む忍足信太郎が女竹を割いてササラのようにした「割ぎ竹(さぎたけ)」の加工を内職として手がけたのが房州うちわづくりの始まりです。

明治30年には、岩城惣五郎が職人を雇い本格的に製造をはじめ、安房郡の一大物産としたのです。

竹の丸みを活かした「丸柄」と、48~64等分に割いた骨を糸で編んで作られる窓が特徴となります。

丸亀うちわ四国の金毘羅参拝の土産として名高い朱赤に丸金印の渋うちわが丸亀で作られ、江戸時代中期に丸亀藩が藩士の内職として奨励したことがうちわ作りの土台となっています。

柄が竹を割って平らに削ってあるのが丸亀うちわの特徴です。

以上の三大うちわ。

どこかで見たことあるうちわはあったでしょうか?

関連動画紹介

おすすめリンク

うちわポイントガイド Copyright (C) www.mitjagalta.org. All Rights Reserved.